タップして閉じる

- ブログ -
問屋の仕事場から

イメージ

ここでは廣田紬のホームページ内では紹介しきれない商品詳細や技術、産地のお話、
問屋ならではの情報をブログ形式で掲載させていただきます。
この場を通じて少しでも伝統工芸織物の素晴らしさを伝えることができれば幸いです。

  • イメージ
    2018.10.01
    刺子の帯 ~倹約が生み出した装飾美~
    布に糸を刺し縫い込んでいく刺子、本来は布の補強や保温性向上のための実用的なものでした。現在は和装分野においてその様式美を利用した帯が作られています。
    続きを読む
  • イメージ
    2018.09.28
    表情豊かな泥染の久米島紬
    泥染の織物といえば大島紬が有名ですが、久米島紬においても島の泥を使った泥染が行われています。今回は大島紬とは一味違った泥染の久米島紬を紹介していきます。
    続きを読む
  • イメージ
    2018.09.24
    雑味が魅力の本藍染
    藍は身近な染色材料として古くから使われ、ジャパンブルーとして国を代表する色にもなっています。着物にも多用されている藍ですが、伝統的な本藍染の魅力を紹介します。
    続きを読む
  • イメージ
    2018.09.19
    10月1日(月)、2日(火) 月初展示会のお知らせ
    10月1日(月)、2日(火)当社展示会場にて月初の定例展示会を行います。 全国各地から秋冬物を取り揃えてお待ちしております。 案内状の送付のない方でも気軽にお越しくださいませ。   写真は昨年の展示会の1カットです。    
    続きを読む
  • イメージ
    2018.09.14
    ヤシラミ綿の与那国織
    与那国織と言えば浮花織を散らした煌びやかな絹織物をイメージしますが、絹以外の他の自然素材も使って織られています。
    続きを読む
  • イメージ
    2018.09.10
    弾力性に富んだ後染め改石牛首紬
    結城紬、大島紬とともに三大紬にも数えられる牛首紬ですが、知名度の割にその生産規模は大きくありません。多くは先染めの白山工房製ですが、加藤機業場では後染め加工に使われる白生地が作られています。
    続きを読む
  • イメージ
    2018.09.04
    小柄の大島紬は小紋スタイル
    大島紬と言えば精緻な絵絣を真っ先に想像される方も多いかと思いますが、様々な小柄を散りばめたデザイン展開もされています。まさしく小紋柄といえますが、先染め織物ですので紬に分類されています。今回はそんな小紋スタイルの大島紬の紹介です。
    続きを読む
  • イメージ
    2018.09.01
    まがい物だらけの結城紬
    ニセモノ紬の項を読まれた一般消費者の方からいくつか問い合わせをいただきました。中古市場を中心として想像以上にまがい物が出回っていて、いまだに消費者の誤解を招いているようです。証紙をきちんと確認すればそれで済むことですが、今回はそんな結城紬のまがい物について項を設けてみました。
    続きを読む
  • イメージ
    2018.08.28
    結城紬の帯 
    最高級の紬織物である結城紬は自他ともに認める紬の王様です。真綿から直接ズリ出した無撚糸で織られたその生地はフワッと軽く最高の風合いの着物になりますが、着尺だけでなく帯も作られています。
    続きを読む
  • イメージ
    2018.08.20
    9月3日(月)、4日(火) 月初展示会のお知らせ
    9月3日(月)、4日(火)当社展示会場にて月初の定例展示会を行います。 全国各地から秋冬物を取り揃えてお待ちしております。 案内状の送付のない方でも気軽にお越しくださいませ。   写真は昨年の展示会の1カットです
    続きを読む