タップして閉じる

- ブログ -
問屋の仕事場から

2020.12.03
ゾンビに絞め上げられる着物業界 

古着への抵抗がなくなった世代が増え、百貨店においてもリサイクル着物が堂々と販売される時代となりました。

桁が一つも二つも違う価格で憧れの着物が手に入るのは消費者にとってはたいへん嬉しいことです。一方でその存在が着物産地、従来型の和装産業の首を絞めていることも事実です。

大変高価な着物ですが、リセールとなると価格は二束三文になってしまいます。特にフォーマル物はその傾向が顕著で100万円した振袖が1万円でも買い手が付かないケースも往々にしてあります。リセール価格のことを考えると正価で購入するのはバカバカしくなってしまいますが、フォーマル着物(染物)は加工の幅がピンからキリまであり、柄を一目見ただけで素人が割安と判別するのは困難です。また、おめでたい晴れ着(その逆の喪服なども)に中古品を着ることへの抵抗感もあり、新品を購入する一定の層を形成しています。

オークションサイトで格安で販売される振袖。一目見て加工を見極めるのは困難。

しかし伝統的工芸品の織物など、規格がある程度決まってしまっている商品の場合、ユーザーは商品の価格帯を比較することが可能です。例えば大島紬は年間に数十万反と作られた時代長く続き、ユーザーのタンス在庫もその数だけ存在していることになります。これらが買取業者によって二束三文で買い叩かれた挙句、仕立て上がった状態で数千円〜数万円で販売される顛末です。場合によっては仕立て代より安いケースもあり、消費者にとっては大変ありがたい環境になっています。

驚くべき価格で販売されている大島紬、消費者にとっては最高の環境であるが、、、

売り手よし、買い手よし、、、、、しかし産地をはじめとする正規の流通サイドにとっては非常に悩ましい問題となっています。

 

格安中古着物がもたらす弊害

呉服を祖業とする百貨店、高級感がキーワードの一つで、陳列される商品もそれなりのプライドのあるものが中心でした。取引先の問屋も厳選され、百貨店と直接取引口座があることは出入り業者にとって誇らしい時代がありました。

在りし日の徳島そごう、県庁所在地に百貨店自体がなくなってしまう時代に。

呉服市場の減衰と共に売り場は高階床へ押しやられたものの、祖業である呉服部門は聖域と見なされ整理されることはありません。しかし現在の百貨店は場所貸業ですから、売り上げをしっかりと確保するテナント、催事が優先されます。背に腹は変えられず、いつの間にか中古着物業者が出入りするようになりました。

呉服の特選品売り場の横で、中古着物の催事が行われる事態も発生しています。数十万円という値札がつけられた売り場の横に、同等品(しかも仕立て済)が10分の1以下で販売されているのです。中古着物を忌避しているお客さんは購入することはありませんが、良い気持ちがしないことは確かでしょう。

リサイクル着物の数々、中古品への抵抗はなくなりつつある。

オークションやフリマアプリなどの個人間取引が普及するに従い、若い方を中心として中古品への抵抗が減ってきたのも事実です。なかなか手の届かない憧れの工芸織物が格安で購入することができるのですから、呉服屋さんでマトモな価格で購入することがバカらしくなってしまいます。

レンタル着物の項においては、着物の魅力に気づいてもらえるエントリーとなるきっかけになるので、形がどうであれ歓迎すべきことだと記しました。しかし今回のケースでは従来の流通全体を破壊してしまいます。さらに今年は中古着物最大手の企業が破綻している事実からして、売り手もメリットを享受できているかどうか、怪しい状況になっています。

 

なし崩し的な解決策?

需要と供給の市場原理に基づいた価格設定がされているのですから、恨み節を言うわけにはゆきません。

高度成長期に大量供給されてタンスに眠っている着物達、その中にはしつけ糸がついたまま一度も袖を通さなかった商品も数多くあります。それら無数のゾンビ着物達と勝負しなければいけない業界に望みはあるのでしょうか。現在では技術的、コストの観点から作ることができない逸品も散見されるようになりました。新品VS中古という構図の中で、価格はともかく品質でも劣るとなった場合、消費者はどちらになびくか、自明の理です。

現代ではもう作ることが叶わない結城紬、過去に作られた商品の方が品質が良い例も。

幸い絹は劣化しますので、鮮度というものがあります。長期間にわたって放置された絹織物は服地としての張力に耐えきれず裂けてしまいます。大量に着物が供給されたのは平成の初頭まで、その後は急激な減産が続き、現在では一部の需給バランスが逆転しているケースもあります。あと10年程持ちこたえることができれば、昭和のゾンビ達は概ね枯れてしまうことでしょう。

絹は時とともに必ず劣化します。写真は極端な例ですが100年前の大島紬。

中古着物という商売は在庫量と回転数がモノをいいますので、常に大量に仕入れ続けなければ成り立ちません。生命線である仕入れがストップしてしまえば昨今勃興した大規模な買取業者は雲散霧消することでしょう。

時に解決を任せるのは楽ですが、厳しい時代が続くことは変わりありません。耐えきれず消滅してしまう産地、問屋、販売業者が続くのは確実です。令和時代が終わった時、どのような形で着物市場が残っているか想像もつきません。

既存の流通サイドを締め上げるゾンビ着物、しかしそのゾンビを生み出したのはいつまでも伝統にしがみついていた流通サイドの責任もあるのです。

 

アップデートが必須の伝統工芸織物

大量のゾンビ着物が既存流通を脅かしているのは製造サイドが商品をアップデートしてこなかったことが原因です。

中でも国が指定する伝統的工芸品の指定を得た場合、素材、製造技法、製造場所に大きな縛りが生まれます。各種公的な補助を頼るあまり、進化が止まってしまうのです。さらに後継者不足で今まで可能であった加工ができなくなるなど、技術が退化してすらいるのが事実です。こうなってしまっては、昭和に作られたものが、令和の時代に作られたものより品質(鮮度を別にして)が良いということが往々にしておこり、負のスパイラルに突入するのです。

延命措置と言っても過言ではない伝統的工芸品への指定、指定条件に当てはまるのに自助努力で生産活動を続けるところは、アップデートを重ねてさらに魅力的な商品作りをしています。

「伝統」という重荷に縛られることのない自由な物作り、個人作家さんを中心に現代の市場環境、トレンドに合わせた柔軟な物作りがなされています。

廣田紬オリジナルの久米島紬、伝統に縛られない斬新な色使い。

着物は形に変化がないので、手堅い保守的なデザインを作りつづけるのも正攻法です。しかし伝統を守り、愚直に物作りを続けていては大量の強大なゾンビ達に食われてしまいます。

しかし毎年似たような同じ柄を作り続けて、思考停止に陥いる戦略なき着物業界、ゾンビに滅ぼされるのは当然です。ゾンビ達を陳腐化させるには技術の進化、デザインの研鑽が欠かせません。

伝統工芸というレッテルを捨て、現代のニーズに果敢に挑戦する商品作りが求められています。

伝統的工芸品である信州紬のレッテルを捨てた下井紬

 

 

廣田紬にご興味をお持ちくださった方はこちら
詳しくみる