タップして閉じる

- ブログ -
問屋の仕事場から

2020.09.02
手織りの紬、織物とは? 〜織機編〜

結城紬、大島紬をはじめとする様々な伝統工芸織物は「手織り」で作られています。

「手織り」という行為とはどのような行為かと言えば、織り子さんが昔ながらの機織り機を使って杼(シャトル)を左右に投げながら、一本一本緯糸を筬で打ち込んでいく姿が思い浮かびます。しかし手織りを標榜する商品でも人の手をほとんど介さない動力織機で織られている商品がたくさんあるのも事実です。

100年前と同じ製造工程が続く地機による手織り。

このわかりにくい「手織り」という表現ですが、手織りの定義とは何か、どうやって見分けるのか、手織りの織物は何が良いのか、その意義について検証してみたいと思います。

 

様々な織り機

まずは機織りに使われる織機がどのような種類があるかを解説します。

当初は自給レベルであった織物作りが産業となると(特に明治以降)コスト競争、供給量が要求されました。現在のように「手織りの温もり」が付加価値として持て囃されることなく、いかに効率的に織り進められるかが重視されるようになりました。

車と機

廣田紬内での実演のため、産地から軽トラに搭載されて運ばれる高機。

現在一般的に使われている手織りの織機は高機(たかはた)と呼ばれるで、江戸末期に出現した高機は今も形を変えず使い続けられてます。小さいものだと畳一枚分程度の大きさがあれば設置することができます。昔は農家の女性が内職として機織りを行なっていましたし、納屋などに分解して置いてあるお家もあるのではないでしょうか。シンプルな構造で耐久性も高いことから100年以上現役で使われているものも多くあります。

近江上布の製造に使われていた地機、地方によって形状に特徴がある。

それ以前は地機(じばた)、いざり機とも呼ばれる、経糸の張力を腰で調整しながら織り進める機が使われていました。地機にいたっては体が機の機構の一部となって全身を動かしながら織りますので、「手織り」というより「全身織り」とも言えるでしょう。大変な労力が必要で高機に取って代わられ、現在地機を使用するのは結城紬や越後上布など限られた伝統工法を守る織物だけになっています。

経糸が固定される高機は生産効率を地機に比べて3倍に引き上げました。織り手は踏木を操作しながら杼をリズミカルに飛ばしてゆけば良いだけになりました。

高機で織られる高級織物の黄八丈、杼を左右に飛ばしながら織り進めていく。

綜絖を複数枚重ねて作業ができるなど、高度な技が可能になったのも高機が出現してからです。綾織や浮き糸を意匠化した織物は明治以降に急速に発展していきました。

作業効率が一気に上がった高機ですが、さらに杼を飛ばす作業を効率化したのが「バッタン」と呼ばれる機です。紐を引けば杼が左右に飛ぶ、フライシャットル機構を備えたバッタンは筬の打ち込みと踏木の操作に集中することができ、更なる効率化が可能になりました。さらに手で杼を飛ばす必要がなくなったため、幅の広い織物を製造することも可能になりました。

織りの名手であった菊池洋守氏もバッタンを愛用されていた。

効率化された高機であるバッタンですが、さらに緯糸の打ち込みを自動化することで能率を上げる機が現れます。

足踏み式と呼ばれる織機は、踏木を踏むことで軸芯が回転、上糸と下糸を開く「開口」、その間に杼を飛ばすして緯糸入を入れる「投げ杼」、緯糸を打ち込んで組織にする「筬打ち」の3行程を一つの動作で行うことができるようになりました。

驚くべきスピードで緯糸が打ちこまれてゆく足踏み式織機、金属製の「ギア」が付加されている。

織り工程の基本動作である「開口」「投げ杼」「筬打ち」をペダルを踏むだけで同時作動する足踏み式織機は、バッタンの数倍もの効率で織り上げることが可能です。織り工は椅子に座って手を添えておくだけという、「手織り」という作業からは程遠いものとなってしまったのです。

さらにこの足踏み作業が人の力ではなく動力を用いる機、自動織機(力織機)が出現しました。

高速で稼働する動力織機、構造体に木材が使われなくなり、マシンというのに相応しい。

電力で自動化された機が動くため、さらに織り進めるスピードが早くなります。さらにスイッチが入っている間、ずっと連続的作業が行うことが可能なフルオートタイプの織機の場合、作業者は一台の機に付きっきりになる必要がなくなり、一人で複数台の機を扱うことが可能になりました。
作動ボタンを手で押すことから、足踏み式織機よりは「手」織りと呼称できそうなのがミソです。

織機の変遷による効率化のイメージ、織機の進化で産業化が可能になった。

軸芯の回転数によっており進める速度が調整可能ですが、例えば200回転/分する機械ですと1分間の作業で200本もの緯糸を打ち込める計算になります。1分で5センチ以上織ることができますので、五時間もあれば1反(12.5m)が織りあがってしまうのです。
一反織るのに一ヶ月以上かかっていた地機ですが、自動織機では1日に何反も織ることができるようになりました。全身を使って織り上げる地機と、ボタンを押すだけで織ることができる力織機では、同じ機織りでも全く労力が異なります。一括りに手織りと呼称してしまうのは少々問題がありそうです。

「手織り織機」という聞きなれない文言がある置賜紬の証紙。どこにも◯が押されていないのは大人の事情。

時代の変遷とともに様々な織機が登場しましたが、現在では杼を用いないレピア織機やエアジェット織機が登場、任意の柄を広い幅でさらに高速で織り上げることが可能になっています。ここまでくると手織りというロマンからかけ離れて、どれだけスピードが出せるかというスペックを競うようになります。

エアジェット織機、和装分野とは全く次元の異なる織物製造が行われている。

以上、機織り機の形状から「手織り」を考察しました。
地機→高機→バッタン→足踏み→力織機 と進化していきましたが、私たちが想像する「手織り」は足踏み式になった時点で既に異なるものになっています。打ち込みが動力になっていても「手織り」と称しているケースがあることを覚えておいてください。
次項、鑑定編では手織り織物の見分け方を考察していきます。

 

 

廣田紬にご興味をお持ちくださった方はこちら
詳しくみる