タップして閉じる

- ブログ -
問屋の仕事場から

イメージ

ここでは廣田紬のホームページ内では紹介しきれない商品詳細や技術、産地のお話、
問屋ならではの情報をブログ形式で掲載させていただきます。
この場を通じて少しでも伝統工芸織物の素晴らしさを伝えることができれば幸いです。

  • イメージ
    2017.06.30
    近江の麻をつかった更紗半巾帯 
    廣田紬では紬に合うように更紗の染帯を長年制作してきましたが、その更紗柄を近江の麻生地に展開したのが更紗麻半巾帯です。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.29
    本場大島紬の今後についての考察
    紬の代表格である大島紬。 世界で最も精緻といわれる絣、その豊なバリエーションで人々を魅了しつづけています。 紬という名称ですが生糸を使うことが主流になり、さらっとした手触りも大きな特徴です。この点でも他の織物とは一線を画しているといっていいでしょう。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.29
    小千谷縮の種類(後編)
    前編ではA(重要無形文化財指定技法)B(手織り伝統的工芸品)C(機械織りの普及品)3種類に分類しました。 後編では実際に各商品の具体的特徴を見ていきます。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.29
    小千谷縮の種類(前編)
    小千谷縮は緯糸に強撚糸を使った麻織物です。 表面にシボがあることが特徴で、本来の麻のシャリ感に加え、さらなる清涼感を得ることができます。そしてそのシボはシワになりやすい麻の性質をうまくカバーしてくれます。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.29
    織物の伝統マークの有無について
    先日、販売店様に商品をいくつか紹介した際に、ある質問をされました。 それは同じブランドの織物でも伝統マーク証紙が貼ってあるものと、貼っていないものがあるけども、これはどういう違いなのか、ということでした。 その際には後述する③の理由をご説明して納得いただきましたが、今回は伝統マークの有無をテーマにしたいと思います。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.29
    7月3日(月)、4日(火) 月初展示会のお知らせ
    7月3日(月)、4日(火)当社展示会場にて月初の定例展示会を行っております。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.29
    天然染料の魅力を考えてみる(後編)
    前編では天然染料の機能的なメリットを紹介しました。後編では機能だけでは推し量ることのできないメリットを紹介します。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.29
    天然染料の魅力を考えてみる(前編)
    紬は織る前に糸を染料に漬けて染めることから、先染めの織物です。 その染料は本来、地元で採れる草木、泥、昆虫、様々な天然素材から色素を得ていました。 しかし安価で安定した化学染料が登場してから天然染料、草木染はほとんど使われることがなくなってしまいました。 今回は化学染料と比較しながら天然染料のメリットを考えてみたいと思います。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.29
    ホームページ公開しました
    廣田紬株式会社のホームページを公開いたしました。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.27
    綿織物の極み 綿薩摩
    木綿の織物といえば比較的安価なものと考えがちですが、世の中には手をかけた最高級品というものが存在します。今回は綿織物の最高峰、「綿薩摩」の紹介です。
    続きを読む