タップして閉じる

- ブログ -
問屋の仕事場から

イメージ

ここでは廣田紬のホームページ内では紹介しきれない商品詳細や技術、産地のお話、
問屋ならではの情報をブログ形式で掲載させていただきます。
この場を通じて少しでも伝統工芸織物の素晴らしさを伝えることができれば幸いです。

  • イメージ
    2017.06.29
    ホームページ公開しました
    廣田紬株式会社のホームページを公開いたしました。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.27
    綿織物の極み 綿薩摩
    木綿の織物といえば比較的安価なものと考えがちですが、世の中には手をかけた最高級品というものが存在します。今回は綿織物の最高峰、「綿薩摩」の紹介です。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.27
    柿渋染の諸紙布(商品紹介編)
    紙布とは和紙を千鳥状の短冊にし、撚りをかけ緯糸として織った布のことです。 緯糸に使われる和紙は楮(コウゾ)、三椏(ミツマタ)、雁皮(ガンピ)などの皮を原料にして作られ、経糸に通常 絹、綿、麻などが使われそれぞれ 絹紙布、綿紙布、麻紙布といいます。 今回は経糸にまで紙を使って織られた100%紙製の「諸紙布」を紹介します。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.27
    美しい無地感覚のスラブ入り近江ちぢみ
    独自のシボで爽快感を演出する近江ちぢみ、気軽に扱える夏の普段着として人気を博しています。無地、縞柄を中心に格子、小絣柄などがありますが、今回はスラブ糸を使った無地感覚の着尺を紹介します。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.27
    櫛押し絣が魅力的な秦荘紬 
    近江商人により全国に名を馳せた近江上布、戦後にその技術を絹織物に応用したのが秦荘紬(はたしょうつむぎ)です。戦後生まれの新しい紬ですが、素朴で温かみのある風合い、斬新なデザインで人気を博しています。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.27
    大麻を使う近江上布生平
    日本では一昔前まで麻といえば大麻のことを指し、キモノ文様にもある麻型は大麻草の葉を表しています。縄文の古来より身近な繊維として使われてきましたが、戦後の国家統制でほとんど栽培が途絶えてしまいました。 それまで伝統的に大麻を使っていた織物は代替え品としてラミーを使わざるを得なくなってしまいました。しかし近江上布の生平(きびら)には大麻が使われておりその伝統を守り続けています。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.27
    別誂え可能なオリジナルの久米島紬
    全国の紬の原点ともいえるのが久米島紬です。はるか14世紀末ごろに明の技術を取り入れたところから始まり、年貢として琉球、奄美、薩摩を経由して本土に伝播、様々な技法に影響を与えたからです。その風合いは紬のお手本ともいえる素晴らしいもので、ファンを魅了してきました。 廣田紬ではその久米島紬を別誂をすることができます。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.27
    首里織のミンサー半巾帯
    首里織といえば、王侯貴族向けに作られていた格調高い織物のことを思い浮かべますが、 首里織という名称自体は首里に伝わる織物を総称する名称となります。絹の高級織物だけではなく、値頃なミンサー(綿)の織物も首里織として作られているのです。 今回は祝嶺恭子さんの工房で作られた首里織のミンサー(綿)半巾帯を紹介します。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.27
    生成無地の宮古上布
    手績みの苧麻をつかった最高級麻織物である宮古上布、精緻な絣と藍の深い色目が特徴です。藍に染めない柄の商品も一部ありますが、全く柄のない完全な生成の商品も作ることができます。
    続きを読む
  • イメージ
    2017.06.27
    織の名手、菊池洋守氏が織りなす八丈織 
    織の名手として名高い菊池洋守氏が作る「八丈織」の紹介です。 八丈と名が付きますが、伝統工芸織物の本場黄八丈とは異なり、伝統マークはつきません。菊池さんが追求する色使いのため、島で採れる天然染料に限定して使用するわけにはいかないからです。そのため菊池さんの作品は黄八丈で使われる黄、黒、鳶色以外にも様々な色使いをすることができます。
    続きを読む